風俗一筋20年

事実、風俗は特別だと思う

風俗は特別だという言葉は、昔はピンと来なかったんですけど今ならよく分かります。確かに特別です。他に変えが効かないサービスって点では、風俗は唯一無二でもあると思うんですよ。それに、自分である程度理想の時間を演出出来る点も大きいですよね。だって風俗嬢を選ぶのはこっちじゃないですか。業者に勝手に女の子をあてがわれて、それで楽しめって言われる訳じゃないんです。フリーだとそうですけど、指名すれば自分の好きな女の子と楽しめるんです。そこも大きいですよね。自分の好きな時にいつでも楽しめるだけじゃなく、好きな女の子と楽しめるって点が一番なんじゃないかなって思うんです。男としていろいろなものを発散することが出来るのは、やっぱり風俗だからこそなのかなって思いますので、「風俗は特別」という言葉は納得です。むしろ他にこれだけ特別だと思えるサービスはないんじゃないかなって。そのくらい風俗の存在は自分の中で圧倒的なんですよ。

初めての時は感動しましたよ

性感マッサージに初めて行った時のことは今でも覚えていますね(笑)それくらい強烈なインパクトがあったからこそなんです。とことん尽くしてくれるだけじゃなく、誰もが上手じゃないですか。そこに感動したんですよね。とっても上手なので、心の底から満足しましたし、お店を出てからも感動が収まりませんでした。あれだけ自分の気持ちまで満足した風俗は初めてだったんですよ。それなりに何度も風俗のお世話になっていましたけど、心の底というか、芯まで満足感が行き届いたのは初めてでした。そして、そこでもしかしたら自分はマゾの気質があるんじゃないかなってことにも気付かされたんですよね。それまで自分がマゾだなんて夢にも思ったことはなかったんですけど、その日以来、もしかしたら自分はマゾなのかもしれないっていう気持ちが芽生えたんです。そして、その気持ちを確かめるべく、何度も性感マッサージのお世話になって、マゾだと確信したんですよ(笑)